運動能力の向上

クレアチニンはスポーツ選手に欠かせないサプリ

クレアチニンは、筋肉が増量する、瞬発力が上がる、持続時間が長くなるなどパアーをアップのためのサプリメントとして注目されています。クレアチニンは、筋肉へのエネルギーの供給源であるクレアチンリン酸を作り出す時に体内で合成されるものです。クレアチンを摂取することでクレアチン酸の原料であるクレアチニンを補給する目的で使われます。 1992年のバルセロナオリンピックで、100m走の金メダリストが使用していたことが明らかになり、その後、サプリメントとしが発売され爆発的な人気をえました。2000年のシドニーオリンピックでもメダリストの4人に3人が使用していたということです。クレアチニンは、今ではスポーツ選手に欠かすことができないサプリメントとなっています。

スポーツ選手から一般人まで摂取が広がる

注目のクレアチニンは、1週間程度の摂取で運動能力の向上効果がみられるというデータは多数あります。その効果の高さから副作用が心配ですが、クレアチニン自体は肉や魚にも含まれている自然なもので、体内でも合成される物質であり、サプリメントで摂取する程度の量では副作用の心配はないといわれています。副作用の心配はないといわれています。それに、スポーツ選手の薬物検査に引っかかるような成分でもありません。これからは、長寿のために高齢化社会になります。アンチエージング関係のサプリメントはどんなものでも注目されています。クレアチニンも、将来必ず衰える筋肉を補強してくれるということでスポーツ選手だけでなく一般の人が普通に摂取する時代が近いと考えられます。