腎臓の障害

クレアチニンとは何ですか

クレアチニンと聞いてピンとこない方が多いのではないでしょうか。 クレアチニンとは、腎臓が正常に機能していれば尿と一緒に外へ排出されます。しかし、そうでない場合は外に排出されないため、血液中に留まります。 血液検査でクレアチニンが多いと、腎臓に障害が起きているという事になります。 またクレアチニンは、筋ジストロフィー症という筋肉の病気を調べる時にも使われるようです。 クレアチニンは腎機能が50パーセント以下にならないと数値が上昇しないので、軽い腎機能障害がある場合の目安にはあまりならないということが言えます。 このように、クレアチニンとは血液検査にて腎臓の機能に異常が生じていないかどうか、を検査する時の項目という事になります。

検査で異常があったらどうなる

血液中のクレアチニンの数値の基準値の範囲は、男性が0.5〜1.1mg/dl、女性は0.4〜0.8mg/dlとなっています。 検査結果の数値が基準値のよりも高かったならば腎機能が低下しているとみます。数値が基準値よりも低かったならば筋肉の異常があると想定できます。 数値が異常値だった場合は、速やかに精密検査を行います。 病気が確定したならば、治療を開始する事になります。 腎盂腎炎や腎臓結石の場合は、治療することによって利尿が進んだならばクレアチニンの数値が正常値に戻ります。 急性腎不全の場合は、クレアチニンの値がある一定以上になると人工透析が必要になってきます。また日常生活では塩分の制限はもちろん、たんぱく質の摂取も制限されますし適度な運動も必要になります。